フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」 第3話 その2

第3話 「ストップ・ザ・ブロッケン軍団!」の巻 その2 

Yumisayaka_jyuujika_haritsuke

鉄十字「ブロッケン伯爵!マジンガーZが来ます!」
ブロッケン「なにい!もう機械獣を倒してきたというのか!」
      「くそう、もう少しというところで・・・鉄十字、撤退の準備をしろ!」
甲児「まてー!まちやがれー!」

甲児の目の前に、無惨にもバラバラに破壊されたアフロダイAの姿があった!

甲児「あっ!アフロダイA!!」

無造作に地面に転がっているアフロダイAの頭部操縦席にさやかの姿はない。

甲児「さやかさーん!さやかさーん!」

さやかを探す甲児の目の前に、ブロッケン伯爵が現れた。

ブロッケン「お初にお目にかかる。我が名は、ブロッケン伯爵!ドクターヘルの鉄十字軍を率いる者だ!」
      「あしゅら男爵にかわりマジンガーZ攻略の総司令官となったのだ!」
      「兜甲児!あれをみるがいい!」

ブロッケンの示す方向には、教会の十字架の影に、磔にされたかのような姿で置かれている、さやかの姿があった。

甲児「ああっ!さやかさん!」
ブロッケン「その娘、死体にして返してやってももよかったが、それでは芸がなさすぎるのでな。」
      「十字架の影に磔にして、挨拶がわりのプレゼントにさせてもらうぞ!」
      「どうだこの演出!なかなかいいセンスだとは思わんかね?」
甲児「きさまー!よくも、さやかさんを酷い目にあわせたなー!」
ブロッケン「おおっと!俺たちに構っているヒマはないはずだぞ!」
      「あの娘、早くたすけてやらないと大変なことになるぞ!」
甲児「なんだって!貴様!さやかさんに何かしたなー!」
ブロッケン「ふふふ、あの娘の股の間に、森の昆虫が群がってくる液体を、たっぷりと塗り込んでおいた。」
  甲児「なんだって!」
ブロッケン「早くたすけてやらないと、その娘が、股の間の秘密の場所から昆虫に喰われてしまうぞ!」
      「また会おう、兜甲児!次の戦いを楽しみにしているぞ!」

ゆうゆうと逃げていくブロケンと鉄十字軍。
甲児はすぐにパイルダーを降りて、さやかのもとへと走った!

甲児「さやかさん!しっかりするんだ!さやかさん!」

さやかは気をうしなったままだ。

甲児「さやかさん・・・ごめん。」

甲児は、ブロッケンの言う、「さやかの股の間の秘密の場所」の様子を確認した。

甲児「よかった、なんでもない。」
   「ブロッケンめ、伯爵ヅラしやがって、とんでもないヤツだ!絶対にゆるさねー!」

ブロッケン「ふふふ・・バカめ、そんな液体などあるわけがない。」
      「ましてや、そんなことをやっているヒマさえ無かったことに気づかんとは・・・」
      「兜甲児め・・・あの娘のこととなると熱くなりすぎるようだな・・・・」  
      「今日のことは、次の作戦の参考にさせてもらうぞ。わははは・・・」

おしまい。

【予告】

光子力研究所では、前回の戦いで弱点が発覚したアフロダイAの改良が終わり、
強度という弱点を克服した新型のアフロダイミサイルのテストが行われていた。
更なるパワーアップをしたアフロダイAに、次の戦いへの自信を深めるさやか。
その頃、バードス島では、あしゅら男爵の新海底要塞ブードが機械獣を積み込み
大進撃を開始していた!
次回、私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第4話「大進撃!新海底要塞ブード!」にご期待ください!

 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第3話 その1

第3話 「ストップ・ザ・ブロッケン軍団!」の巻 その1

Misairu_jibaku_2

空飛ぶ機械獣ジャイローンJ1が光子力研究所に進撃してきた。
迎撃のため出動するマジンガーZ。しかし、スクランンダーの修理が終わっていないため、
マジンガーZは、地上でしか戦えない。苦戦は必至だ。
コントロールタワーには、出撃するマジンガーZを心配そうに見つめるさやかの姿があった。

さやか「甲児くん・・がんばって・・敵が空じゃアフロダイAは応援できないわ・・・」

もう一人、マジンガーZの出撃を見ている者がいた。ドクターヘルの新幹部、ブロッケン伯爵である。

ブロッケン「だいぶマジンガーZを引き離すことができたな。」
      「ようし、鉄十字軍出撃!光子力研究所を乗っ取るぞ!」

富士の樹海に潜ませていた、鉄十字軍がついに姿をあらわした。
光子力研究所に警報が響き渡る!

さやか「お父様!どうしたの!」
弓教授「どうやら、ドクターヘルの新手が現れたようだ。」

コントロールタワーの大スクリーンには、進撃してくる、ブロッケン伯爵率いる鉄十字軍の姿がうつっていた。

せわし「なんじゃあれは、まるでナチス軍じゃな。あの首の化け物が率いているのか?」
さやか「ようし、あんなやつら、アフロダイAでやつけてやるわ!」
弓教授「さやか!どうやらヤツらは戦闘のプロのようだ、じゅうぶん気をつけるんだぞ!」
さやか「へいきよ、心配ないわ。アフロダイAは何でできているの?」
せわし「そうじゃった。アフロダイAは、マジンガーZと同じ超合金Zでつくりかえたんじゃったな。」
さやか「そうよ!アフロダイAは超合金Zでできているのよ。あんな歩兵部隊の攻撃、蚊がさしたほども感じなやしないわよ!」 
    「アフロダイA・ゴー!!」

格納庫の扉が開き、アフロダイAが出動!接近してきた鉄十字軍と、すぐに遭遇した。

ブロッケン「我こそは、ドクターヘルの右腕、ブロッケン伯爵である!」
      「これから、鉄十字を率いて光子力研究所を占領する!」
さやか「お待ちなさい!首の化け物!」
    「ここから先は、スーパーレディーロボット・アフロダイA様が通さないわよ!」
ブロッケン「出たな!ウドの大木、アフロダイA!!」
さやか「なんですてー!よくも言ったわね!」
ブロッケン「鉄十字!まずは、この生意気な娘から先に血祭りにあげろ!」
さやか「どっちが生意気よ!そんな歩兵部隊の攻撃で、超合金ZのアフロダイA様を倒そうなんて、ム・リ・な・の!」
ブロッケン「鉄十字を鉄仮面と同じと思うなよ!鉄十字バズーカ部隊、前へ!」

鉄十字バズーカ部隊がアフロダイAの正面に集結した!

さやか「ふーん、このスーパーレディーロボット・アフロダイA様あいてに、正面から挑んでくるとは、いい度胸してるわね!」
    「気に入ったわ!その挑戦、おっぱいミサイルで応じてあげるわ!!」

アフロダイAは、マジンガーZのミサイルパンチ以上の破壊力をもつようになった
自慢のバストを鉄十字に向けて大きく迫り出した。

ブロケン「今だ、鉄十字、胸のミサイルめがけ、バズーカ砲一斉発射だ!」
さやか「ようし、こっちもよ!アフロダイミサイル!!」

鉄十字バズーカ部隊がアフロダイAの胸のミサイルめがけ一斉砲撃を行った!
さやかも、その挑戦に応じ、アフロダイミサイルの発射レバーを引く!

さやか「きゃああーー!!」

鉄十字の発射した砲弾が、アフロダイミサイルが飛び出すよりも、一瞬はやく、アフロダイA自慢のバストを貫いた!

さやか「そ・・そんな!ミサイルが撃ち抜かれたわ!」
もりもり「しまった!アフロダイAのボディーは超合金Zじゃが、胸のミサイルだけは、普通の鉄でできておる!」
     「まさか、そこをねらってくるとは・・・」

鉄十字のバズーカ砲の砲弾は、情け容赦なく、次々とアフロダイAの胸のミサイルに命中した!

さやか「こ・・・このままじゃ、アフロダイAが自分のミサイルでふっとぶわ!」
    「甲児くん、たすけて・・・・たすけてー!甲児くーん!!」

まず、アフロダイAの胸のミサイルが爆発、つづいて上半身が、バラバラに吹き飛んだ!

さやか「きゃあー!」

アフロダイAの首が勢い良く転がり、操縦席から、さやかが外に投げ出された!

さやか「く・・くやしい・・こんなやられ方・・屈辱だわ・・・」

さやかは、そのまま気を失った。

弓教授「甲児くん!すぐに戻ってくれ!ドクターヘルの新手、鉄十字軍にアフロダイAが倒されてしまった!」    
甲児「なんですって!さやかさんが!わかりました、こいつを片付けたらすぐに帰ります!」
ブロッケン「わははは、それにしても自分のミサイルでふっとぶとは、まったくドジな娘だ!」
      「鉄十字!その娘の体を拾って来い!」

鉄十字が、気絶したままの、さやかを捕らえ、体になにかしようとしている。
その様子は、これから集団強姦でも始まるのではないかという雰囲気さえ漂っている。

弓教授「ああ~っ・・・さ・・・さやか~・・・」

その2へつづく・・・   

2012年8月26日 (日)

私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第2話 その2

第2話 「対決!機械獣デルダンV8!」の巻 その2

V89

V810

V811

V812

V813

V814

V815

V816

【予告】
空飛ぶ機械獣、ジャイローンJ1を迎え撃つため出動したマジンガーZ。
その留守をつき、ブロッケン伯爵率いる鉄十字軍団が光子力研究所を襲ってきた。
研究所を守るため出撃する、我らのスーパーレディーロボット・アフロダイA!
次回、第3話「ストップ・ザ・ブロッケン軍団!」に乞うご期待!
(注)次回は、マンガではありません。

私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第2話 その1

第2話 「対決!機械獣デルダンV8」の巻 その1

V81_2

V82

V83

V84

V85

V86

V87

V88

その2へつづく・・・

2012年8月25日 (土)

私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」主役の設定

主役スーパーレディーロボット・アフロダイA 設定説明

第1話は、ほぼ、ここでの設定説明でしたが、文章が長いので、補足付きで、まとめてみました。

Super_aphrodite_a_3

戦闘用に改造され、パワーアップしたアフロダイAは、操縦者の弓さやかが
「アフロダイA・ゴー!」の掛け声とともに光子力エンジンの起動レバーを引くことで、
マジンガーZのような力強い戦闘モードでの発進をすることが可能である。

・身長:16m
・体重:18t
・胸囲:9m→10mに増加。
・装甲:合金Z→超合金Zに変更。
・動力:光子力エンジン
・馬力:10万馬力→12万馬力にパワーアップ。
・武器:アフロダイミサイル・・・破壊力を、マジンガーZのミサイルパンチ以上に高めた。
・必殺技:アフロダイ・パワー・・・アフロダイ版マジンパワー、「アフロダイ・パワー」の掛け声で、
     瞬間的に36万馬力を引き出し、機械獣に、キック、パンチ、体あたりで戦う。

スーパーロボットヒロイン・弓さやか戦闘服(後期型)設定説明

さやかさんの新しい戦闘服は、超合金Z繊維でできていてたいへん丈夫だ。
もちろんミニスカートの中からチラチラ見えるパンツも同様に、超合金Z繊維でできている。
普通の下着と見間違えるほど薄い生地だが、簡単には破れない。
さやかさんの大事な部分をしっかりガードしている!
ただし、女子のプライドなのか、脚だけは、なぜか生脚なのだ!

(注)これは、私訳 「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」の勝手な設定で、
公式設定とは、ほとんど違っております。

ダイアナンAの武装について、

下図は、ダイアナンAの設定資料だ。

Daianan_settstei

ダイアナンミサイル

両胸から発射する、おっぱいミサイル。

設定資料の説明によると、「おっぱいミサイルは、いままでのアフロダイAと同じです。」と書いてある。
よく、ダイアナンミサイルの威力は、アフロダイミサイルより上というような記述を目にするが、
私には、本編をみるかぎり、アフロダイミサイルとの差は、まったく感じられませんでした。

アフロダイAと違い、最初から戦闘用として造られたダイアナンAではありますが、
アフロダイミサイルと同じダイアナンミサイルが、最も破壊力のある武器のような気がします。

スカーレットビーム

スカーレットモビルのカウル部から発射される破壊光線。
バイクから発射される破壊光線ということで、サイズ的にも、きっと、たいしたことないと推測される。
いったいどの程度の威力があるのだるか?新しい武器が登場すると、なにかを破壊するなどして、その威力を示すものだ。
マジンガーZのアイアンカッター・ドリルミサイル・大車輪ロケットパンチなどは、豪快に機械獣を倒している。
スカーレットビームの場合は、どうだったか?下の画像のように破壊力が示された。

Beem_1

これが記念すべき、新兵器、スカーレットビーム、TV初公開の映像だ。(第77話より)

Beem_2

しかし、機械獣に簡単に避けられてしまい・・・・

Beem_3

光子力研究所の施設の一部を破壊することで、威力を示したのだ。

「ありゃりゃー!」というのが感想。
「このくらいの破壊力」と示しているが、ダイアナンミサイルより上なのかどうかは不明。
というより、これでは、ダイアナンミサイル1発分くらいの威力にしか見えない。

しかし、研究所の施設を誤射により破壊するなど、サラッと流してしまいがちなシーンだが、
同じことを、ボスがやったら・・・

「バカ!マヌケ!ドジ!まったく、あなたって人は、本当に役にたたないわね!!」

と、みさとさんから猛烈に怒られることが確実なくらいの大失態だ!

76話の「スカーレットモビルを暴走族に奪われること」につづき、
77話でも、「味方施設の破壊」という大失態を演じてしまったさやかさんでした。

2012年8月22日 (水)

私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第1話 その2

「誕生!スーパーレディーロボット・アフロダイA」の巻 その2

今回の改造のリーダーを務めた、せわし博士が、アフロダイAの改造内容につて語り始めた。

せわし「まずは、装甲からじゃが、アフロダイAのボディーを、合金ZからマジンガーZと同じ
     超合金Zで作り直し、強度のアップを図ったんじゃ。」
さやか「いよいよ、アフロダイAもマジンガーZと同じ超合金Zになったのね!」
せわし「ただお嬢さん。装甲の厚さはマジンガーZの半分以下じゃからな。そこだけは解って下されや。」
さやか「わかったわ。構造上しょうがないものね。」
     「武器の改造はどうなったの?」
もりもり「武器はわしから説明しよう。」
     「いままでのアフロダイAの武器は、胸から発射する地質調査用ロケット弾を
     機械獣のような動く標的を狙えるようにしただけじゃったが。
     今度のは違うぞ!マジンガーZのミサイルパンチ以上の破壊力をもっておる。」
     「破壊力が大きいから、マジンガーZと同じ音声認識システムを採用してあるんじゃ。」
    「さやかさんもこれからは、ミサイル発射レバーをひくと同時にこう叫ぶんじゃ!」
    「アフロダイミサイル!とな。」
さやか「アフロダイミサイル!かっこいいわね!わくわくするわ!」
     「マジンガーZのミサイルパンチ以上の壊力を持つアフロダイミサイル・・・
     甲児くんに、まいったって言わせることができるかもしれないわね。」
     「でも、もりもり博士。気のせいかもしれないけどアフロダイAの胸、ちょっと大きくない?」
もりもり「破壊力を大幅にアップさせたんじゃ、大きくなってあたりまえじゃろ。」
さやか「操縦しにくいなんてことないでしょうね?」
のっそり「アフロダイAは、エンジンもパワーアップしておるからな、その点なら心配いらんよ。」
    「それと、光子力エンジンにエネルギー増幅装置を取り付けたんじゃよ。」
さやか「エネルギー増幅装置?」
のっそり「マジンガーZでいうマジンパワーをアフロダイAでも使えるようにしたんじゃ。」
     「使い方は、やはり音声認識で、アクセルを踏み込むと同時に、アフロダイパワー!と叫ぶんじゃ。」
    「瞬間的じゃが、通常の3倍の馬力を引き出すことが可能じゃ。」
せわし「いままでのアフロダイAは、ミサイルが切れたら、だだの攻撃の的じゃったからな。」
さやか「アフロダイパワーか、これなら、ミサイルがきれた後も、格闘戦で機械獣と互角に戦えるわね!」
弓教授「さやか。三博士もやれるだけのことはやってくれた。」
     「これからますます戦闘が激化していくと思うががんばってくれ。」
さやか「わかったわ!お父様。」
甲児「さやかさん、アフロダイAのパワーアップができてよかったな。」
さやか「ふふふ、甲児くん、これからは、期待してちょうだい!もう足手まといなんか言わせないわよ!」
   「ようし、早速、パワーアップしたアフロダイAで、特訓開始!!」

アフロダイAの操縦席へと続く階段を一気に駆け上がるさやか!

C22002088929490c938c6c8df9719e66

甲児「ひゃー、こ・・これは・・」
ボス「おおっ、いいながめだわね。」

下にいる全員の目に、さやかのミニスカートの中の白いものが映る。

弓教授「これは、さやかに注意するよう言っておかなければならんな。」

下のことなど気にすることなく、ミニスカートを翻し、勢いよく操縦席へと飛び込むさやか!

さやか「いくわよー!」
    「アフロダイA・ゴー!」
Aphrodite_go1_2 

光子力エンジンの起動とともに、自動的に発進の「きめポーズ」をとるアフロダイA!
全身から光子力エネルギーがほとばしる!

さやか「すごいわー!こんなの初めてよ!まるでマジンガーZみたいだわ!」
ボス「かっこいいー!ますます惚れちゃうわよ。」
さやか「さあ、どいたどいた!スーパーレディーロボット・アフロダイA様のお通りよ!」

格納庫の扉が開くと同時に飛び出してゆくアフロダイA。

甲児「スーパーレディーロボット・アフロダイAねぇ。」
   「先生、ますます、さやかさんのジャジャ馬ぶりが増すんじゃないかと心配ですよ。」
弓教授「いやまったくだ。」
全員「あはははは・・・」

格納庫には、みんなの笑い声が響いていた。

つづく・・・

【予告】

次回、私訳「マジンガーZ衝撃A(エース)編!」は、ドクターヘルの新たな幹部、ブロッケン伯爵が、
マジンガーZの実力を計るため、機械獣デルダンV8を送り込んできた!
戦闘用に改造し、パワーアップした、アフロダイAで迎え撃つさやか!
スーパーレディーロボット・アフロダイAは初陣を飾ることができるのか!!
アフロダイAの活躍に乞うご期待!!

今回の、独自の新設定をもとに、10年以上前に描いたマンガを、少々手直しし
アップする予定です。

私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第1話 その1

「誕生!スーパーレディーロボット・アフロダイA!」の巻 その1

ミネルバXの登場で、マジンガーZの戦闘パートナーロボットの存在が明らかとなった。
それを受け、我らのアフロダイAも、可能な限り強化改造されることが決定。
そして、今日、いよいよパワーアップされたアフロダイAが登場する!!

さやか「あたしのアフロダイA・・・ようやく改造が終わったのね・・・」

光子力研究所の格納庫には、ピンク色も鮮やかな、新しい戦闘服に身を包んださやかの姿があった。
さやかは、強化改造が終わったアフロダイAを見上げている。
そこへ、弓教授が三博士と甲児、それからボスたちを連れてやってきた。

さやか「あらっ、みんな来てくれたの。」
ボス「あらら・・さやか!なんとも目のやり場にこまるような姿をしてるわね。」
さやか「ふふふ・・どう、見て、カッコいいでしょ?これは、あたしの新しい戦闘服なのよ。」
甲児「えー、これが戦闘服?」

540de7bf8d9d40d79654335ebadac78f

戦闘服とはいうものの、上半身はさやかのボディーラインがくっきり見えるフィットタイプで、

胸元も胸の割れ目が見えるくらいまでひらいている。
またスカート丈も、膝上何センチというより股下数センチというくらい短く刺激的だ!

さやか「三博士に頼んで作ってもらったの。デザインはあたし。」
    「これでも強度は以前のより上なのよ。」
ボス「そんな戦闘服なら、鉄化面なんかでなく、オレ様と戦って欲しいわよ。」
さやか「これからは、あたしも魅力だけで鉄化面なんかやっつけてやるんだから。」
甲児「ところでさやかさん、アフロダイAの改造が終わったんだって?」
さやか「そうよ。いままでは、やられるだけのアフロダイだったけど、
     これからは、このパワーアップしたアフロダイAでマジンガーZに負けないくらい暴れてやるわ!」
弓教授「これこれ、そんなこと言ってるとお嫁のもらい手が無くなるよ。」
さやか「もらい手なんかなくたったいいですよーだ。」
ボス「ところで、アフロダイAは、どんなふうにパワーアップしたんだい?」
せわし「よし、わしが説明しよう。」

今回の改造のリーダーを務めた、せわし博士が、アフロダイAの改造内容について説明しはじめた。

その2へつづく・・・

.

Yumisayaka_syougekiahen  

スカーレットモビル!

前のを、少々、修正してみました。

Daianan_go52_5
スカーレットモビルは、ダイアナンA操縦用の大型バイクで、スカーレットビームが武器だ。

スカーレットビームは、カウル先端部分より発射される、うず巻状の力線で、触れるものをふっとばす威力がある。
スカーレットモビルの超小型光子力エンジンを利用するため出力をあげたり、長時間使用したりすることはできない。
参考資料:マジンガーZTV手帳(ダイナミック企画監修)

2012年8月21日 (火)

「世紀の恋人 ダイアナンA!」より

「弓さやか VS サーキット族の首領 ジェロニモ」

Daianan_go3

「このスカーレットモビルの性能は抜群!あたしの腕は天下一品!」

「とれるものなら盗ってみなさい!!」

勇敢にもサーキット族の首領ジェロニモの挑戦を受けるさやかさん! かっこいー!

でも、この後、ジェロニモとの対決に敗れ、スカーレットモビルを奪われてしまうという大失態!

でもそこがまたかわいい。

この回は、さやかさんが、いきなり新兵器スカーレレットモビルを、街の暴走族に奪われたり、

初登場のダイアナンAが出てきたと思ったら、いきなり片足をふっとばされ、

さやかさんが、「ダイアナンA、あなたとの付き合いはみじかかったけど・・」と言う等なかなか衝撃的だ!

こんな表面的なことより、深く観ると、第74話~76話の3話連続は、さやかファン必見で

アフロダイAは、なぜ無駄死にでなければいけなかったのか、

ダイアナンAはどうしていきなり片足をふっとばされたのか等、

いろいろ深く観ると、超感動モノです。75話も素晴らしすぎ。

ここを境に、甲児&さやかの関係に少し変化があります。

ほんとうは、ここから二人の関係が一気に発展してもいいはずなんですが・・・

最終的に二人の関係がビシッときまらなかったのは非常に残念。

どう考えても、最終的に、甲児くんは、さやかさんを嫁にもらわなくてはいけないと思います。

次は、衝撃A(エース)編の第一話・・なんて言っておきながら、UPしたのは、最近のマイブーム 「さやかバイクアクション!」

描きたいものを優先しました。

2012年8月20日 (月)

マジンガーZ誕生40周年記念(個人チャレンジ企画)

私訳 マジンガーZ 衝撃A(エース)編!

Wk_sayaka_12_2                                                                                                                

弓さやか

 本編における主人公。あかるく活発な17歳の女の子だ!

主役スーパーレディーロボット、アフロダイA、ダイアナンAを操縦し、ドクターヘルの機械獣に立ち向かう。

勇ましく出撃するが、逆にやられてしまい、散々な目にあわされて、最後は甲児に助けられるというのが、ここでのお約束!

「弓さやかのホームページ」第一次、第二次で作成した現存するイラスト、ストーリーを再編集、

新作イラスト、ストーリーも交え、基本路線は変わらずに、可能な限りアップしていきたいと考えております。

(注意)

時代は、TV版第39話直後、昭和48年8月末頃~

私訳であるため、ロボット、キャラクター、などの設定が公式のものと異なる場合が多いです。

   

次回は、第1話「誕生!正義のスーパーレディーロボット・アフロダイA!の巻」

2012年8月18日 (土)

「ゴーゴン大公!繊維溶解液作戦!」の巻

前の記事で書き忘れましたが、妖機械獣ドルゴスβ5の話「ゴーゴン大公地獄沼作戦の巻」では、
実は、たいへん気になる部分があります。

この話は、妖機械獣ドルゴスβ5との戦闘シーンは、あっさりしすぎて印象にのこらないし、
下の絵(右上)のように、さやかさんのヌードには気をとられるし、ついつい見逃してしまうのですが、なんと、
下の絵(左側)のように、私の知る限り、テレビ、マンガを通じて初めてダイアナンAが雨に遭遇しているのです。
バイクが頭に乗ってるだけのダイアナンA。さやかさんずぶ濡れじゃないかと心配です。
これは自然の雨ではなく、飛行要塞グールが降らせている、地球溶解液なので、その後、マジンガーZと
ダイアナンAは、地中深く沈んでしまいます。さやかさん窒息死しないか、いろいろ心配してしまいます。

Dourugosu
講談社コミックス「マジンガーZ」第5巻196・197P

ちょっとストーリーを思いつたので書いてみます。

「ゴーゴン大公!繊維溶解液作戦」の巻

196Pの途中から、

甲児「マジーン・ゴー、パイルダー・オーン!」
さやか「ダイアナンA・ゴー!」
ブロッケン「ゴーゴン大公、ダイアナンAがでてきました。」
ゴーゴン「よしっ、作戦を始められそうだな、繊維溶解液用意!」
     「溶解シャワー発射!」
さやか「雨!」

ダイアナンAの操縦席には屋根がないため、さやかは、雨に打たれて、ずぶ濡れだ。
ヘルメットのゴーグルについた水滴をとりながら・・

さやか「雨が降っただけで、こんなになるなんて・・・これじゃ風邪ひいちゃうわ!」
甲児「さやかさん、気をつけろ、これはグールが何かをふらせているんだ」
弓教授「甲児くん、気をつけたまえ、ただの水ではあるまい。」   
    「その雨を避けるんだ!」
甲児「了解!」
さやか「きゃああーー!!」
甲児「どうした、さやかさん!!うわー!!」
弓教授「どうした!さやか!」
さやか「お父様・・・あたしの戦闘服が、突然、ドロドロになって溶けはじめたわ!」
    「このままじゃ、裸になっちゃうわ!」
弓教授「なんだって!」
ブロッケン「作戦成功です。弓さやかの戦闘服は、繊維溶解液により溶けました。」
ゴーゴン「わははは・・・戦闘服の次は下着だな!」
甲児「さやかさん!」
さやか「いやー!甲児くん、みないでー!!」

必死に、女性の見られたくない部分を隠すさやか!
しかし、ついに繊維溶解液により戦闘服の下に身につけていた、最後の砦も完全に溶かされてしまった!

さやか「いやーん!」
甲児「うししし・・今日は2回も、さやかさんの裸を見たぞ!」
ゴーゴン「今がチャンスだ!妖機械獣ドルゴスβ5いけーい!」

妖機械獣ドルゴスβ5が襲ってきた。

甲児「いま、お楽しみ中なんだ!じゃますんじゃねー!」

マジンガーZのパンチ一発で、消し飛ぶ妖機械獣ドルゴスβ5!

甲児「さやかさーん!!」
さやか「こないでー!」

マジンガーZとダイアナンAが追いかけっこ。
今日もなかのいい二人であった。

おしまい。

    

2012年8月17日 (金)

ダイアナンAの活躍(テレビマガジン)

最新ビック特報にて、あんなにかこよく紹介されているダイアナンAだが・・・

初登場の「ケンタウドールγ7」の話では、
まずは、ページの約4分の1をつかってかっこよくダイナンAが登場。
弓教授「さやか、甲児くんがくるまでまちなさい。おまえだけじゃむりだ。」
さやか「へいきよ、アフロダイAじゃないんだもん。ダイアナンAは妖機械獣なんかにまけないわ。」
さやかさんも、勇ましい言葉とともにかっこよく出撃。
しかし、次の登場コマでは、無惨にも十字架に逆さ磔にされ、さらしものにされてしまうダイアナンA!
さやかさんも、頭部から、スカーレットモビルごと投げ出され、なやましいポーズで気絶。
むむー、どうやってやられたのかさえわからない。いろいろ考えてしまいます。
時間があったら、どうやってやられたのか、独自のマンガで、謎の部分を埋めてみたいところです。

Vs_kentaudoll

その次の「ドルゴスβ5」の話は、さやかさんのヌードがメイン。前回に続き、ダイアナンAの戦闘シーンなし。

最後の登場は、戦闘獣との戦い。
「ダイアナンAゴー」と、かっこよく、スーパーレディーロボットらしくマジンガーZとならび出撃。

甲児「いくぜ、さやかさん」
さやか「いきましょう甲児くん」
ボス「いくぞ、さやか」
さやか「ボス、かえってもいいわよ。」

ここのやりとりは、個人的にはすばらしく、さやかさん立ち位置は、本当は甲児と横並びであって
ボスと横並であってはならないのだ。

かっこよく出撃したダイアナンAでしたが、戦闘獣と遭遇後は、一番先にピラニアスの小型ピラニアの餌食に!
無惨にも頭部だけ残して、からだは、全てたべられてしまう。

グレート最終話では、おっぱいミサイルを撃つシーンがあるが、テレマガ版「マジンガーZ」の中では、
ダイアナンAの戦闘シーンはゼロ。
スカーレットビームはもちろん、おっぱいミサイルさえ、撃つこと無く終わってしまったのだ。
テレマガ版では、ただやられるためだの登場であった。

2012年8月16日 (木)

ダイアナンAとは・・

ここを訪れるような人には、いまさらいうまでもないが、アフロダイAにつぐ、さやかさんの2代目ロボットだ。

Daianan_tvm1

テレビマガジンでは、マジンガーZビック特報にて紹介している。↑
マジンガーZに似た形状で、妖機械獣にたちむかている。かっこいいねー。なんだか期待できそうだ。

Daianan_tvm2

同じくビック特報「ダイアナンAのひみつ」↑
超合金Z製であることが書かれている。操縦席は、マジンガーZと同じく電磁バリアーで守られている。
操縦席がドッキングシステムである点もマジンガーZと同じだ。
さすがは、光子力研究所が開発した最新型戦闘用ロボットだ。かっこいー!

Daianann_zukai

スーパーレディーロボット・ダイアナンAの内部構造が紹介されている。↑
本編では、何発内臓されているのかわからないダイアナンミサイルも、
ここで見る限り6発撃ったら撃ち止めのように見える。

光子力研究所が開発した、最新型スーパーレディーロボットのはずが、マジンガーZとの2大ロボットではなく
なぜかボスボロットとならび「2大ロボット」と紹介されているあたりが、その後の活躍ぶりを暗示させている。

では、実際には、どのような活躍ぶりだったのでしょうか・・・次回のアップは、テレビガジン偏を語っていきます。

オーロラ光線発射!

Daianan_go2_3

ダイアナンAの頭部に上がるため、「オローラ光線発射!」と叫ぶさやかさん!「いくわよー!」アクセルふかして、バックファイヤー。かっこいー!さやかさん、かっこよすぎるよー!とにかくダイアナンAの発進シーンはかっこいい。しかし・・・しかしである。その後が・・・ちょっと・・・ブログのタイトルはアフロダイAゴー!ですが、次のアップは、ダイアナンAについて語っていこうと思います。

ブログタイトルは、アフロダイAゴーですが・・

Daianan_go_2 今回の一発目は、スカーレットモビルに乗り「ダイアンアンA・ゴー」と叫ぶさやかさんです。今回はどうなることか・・・

トップページ | 2012年9月 »