フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第1話 その1 | トップページ | ダイアナンAの武装について、 »

2012年8月22日 (水)

私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第1話 その2

「誕生!スーパーレディーロボット・アフロダイA」の巻 その2

今回の改造のリーダーを務めた、せわし博士が、アフロダイAの改造内容につて語り始めた。

せわし「まずは、装甲からじゃが、アフロダイAのボディーを、合金ZからマジンガーZと同じ
     超合金Zで作り直し、強度のアップを図ったんじゃ。」
さやか「いよいよ、アフロダイAもマジンガーZと同じ超合金Zになったのね!」
せわし「ただお嬢さん。装甲の厚さはマジンガーZの半分以下じゃからな。そこだけは解って下されや。」
さやか「わかったわ。構造上しょうがないものね。」
     「武器の改造はどうなったの?」
もりもり「武器はわしから説明しよう。」
     「いままでのアフロダイAの武器は、胸から発射する地質調査用ロケット弾を
     機械獣のような動く標的を狙えるようにしただけじゃったが。
     今度のは違うぞ!マジンガーZのミサイルパンチ以上の破壊力をもっておる。」
     「破壊力が大きいから、マジンガーZと同じ音声認識システムを採用してあるんじゃ。」
    「さやかさんもこれからは、ミサイル発射レバーをひくと同時にこう叫ぶんじゃ!」
    「アフロダイミサイル!とな。」
さやか「アフロダイミサイル!かっこいいわね!わくわくするわ!」
     「マジンガーZのミサイルパンチ以上の壊力を持つアフロダイミサイル・・・
     甲児くんに、まいったって言わせることができるかもしれないわね。」
     「でも、もりもり博士。気のせいかもしれないけどアフロダイAの胸、ちょっと大きくない?」
もりもり「破壊力を大幅にアップさせたんじゃ、大きくなってあたりまえじゃろ。」
さやか「操縦しにくいなんてことないでしょうね?」
のっそり「アフロダイAは、エンジンもパワーアップしておるからな、その点なら心配いらんよ。」
    「それと、光子力エンジンにエネルギー増幅装置を取り付けたんじゃよ。」
さやか「エネルギー増幅装置?」
のっそり「マジンガーZでいうマジンパワーをアフロダイAでも使えるようにしたんじゃ。」
     「使い方は、やはり音声認識で、アクセルを踏み込むと同時に、アフロダイパワー!と叫ぶんじゃ。」
    「瞬間的じゃが、通常の3倍の馬力を引き出すことが可能じゃ。」
せわし「いままでのアフロダイAは、ミサイルが切れたら、だだの攻撃の的じゃったからな。」
さやか「アフロダイパワーか、これなら、ミサイルがきれた後も、格闘戦で機械獣と互角に戦えるわね!」
弓教授「さやか。三博士もやれるだけのことはやってくれた。」
     「これからますます戦闘が激化していくと思うががんばってくれ。」
さやか「わかったわ!お父様。」
甲児「さやかさん、アフロダイAのパワーアップができてよかったな。」
さやか「ふふふ、甲児くん、これからは、期待してちょうだい!もう足手まといなんか言わせないわよ!」
   「ようし、早速、パワーアップしたアフロダイAで、特訓開始!!」

アフロダイAの操縦席へと続く階段を一気に駆け上がるさやか!

C22002088929490c938c6c8df9719e66

甲児「ひゃー、こ・・これは・・」
ボス「おおっ、いいながめだわね。」

下にいる全員の目に、さやかのミニスカートの中の白いものが映る。

弓教授「これは、さやかに注意するよう言っておかなければならんな。」

下のことなど気にすることなく、ミニスカートを翻し、勢いよく操縦席へと飛び込むさやか!

さやか「いくわよー!」
    「アフロダイA・ゴー!」
Aphrodite_go1_2 

光子力エンジンの起動とともに、自動的に発進の「きめポーズ」をとるアフロダイA!
全身から光子力エネルギーがほとばしる!

さやか「すごいわー!こんなの初めてよ!まるでマジンガーZみたいだわ!」
ボス「かっこいいー!ますます惚れちゃうわよ。」
さやか「さあ、どいたどいた!スーパーレディーロボット・アフロダイA様のお通りよ!」

格納庫の扉が開くと同時に飛び出してゆくアフロダイA。

甲児「スーパーレディーロボット・アフロダイAねぇ。」
   「先生、ますます、さやかさんのジャジャ馬ぶりが増すんじゃないかと心配ですよ。」
弓教授「いやまったくだ。」
全員「あはははは・・・」

格納庫には、みんなの笑い声が響いていた。

つづく・・・

【予告】

次回、私訳「マジンガーZ衝撃A(エース)編!」は、ドクターヘルの新たな幹部、ブロッケン伯爵が、
マジンガーZの実力を計るため、機械獣デルダンV8を送り込んできた!
戦闘用に改造し、パワーアップした、アフロダイAで迎え撃つさやか!
スーパーレディーロボット・アフロダイAは初陣を飾ることができるのか!!
アフロダイAの活躍に乞うご期待!!

今回の、独自の新設定をもとに、10年以上前に描いたマンガを、少々手直しし
アップする予定です。

« 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第1話 その1 | トップページ | ダイアナンAの武装について、 »

(2)衝撃A(エース)編!」カテゴリの記事

コメント

ワクワクさせる展開ですね。苦しみながらも勝利!なんて展開を見てみたいですね~

コメント有難うございます。基本路線は、いままでと同じですが、一応考えときますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第1話 その2:

« 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第1話 その1 | トップページ | ダイアナンAの武装について、 »