フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」 第4話 その1 | トップページ | 「大図解!これが、強力アフロダイミサイルだ!」 »

2012年9月21日 (金)

私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第4話 その2

第4話 「大進撃!!新海底要塞ブード」の巻 その2

さやか「ふふふ・・次の戦いはきっとこんな感じになるわね・・・」

さやかの頭の中では、次の戦いのシュミレーションが行われていた。
B51

B52

B53

B54

さやか「ふふふ・・ブロッケンの悔しがる顔が目に浮かぶわ・・・」

新型アフロダイミサイルの威力に思わず、ほほが緩むさやか。
そこへ、マジンガーZがミサイル実験の様子をみにやってきた。

甲児「さやかさん、なにニヤニヤしてんだよ。気持ち悪いなー。」
さやか「あら、甲児くん来てたの?ふふふ、今度の新型ミサイルの威力は凄いのよ。」
   「これじゃ、甲児くんの出番は、なくなったようね。」

実験結果に大いに満足したさやかは、上機嫌で研究所への帰路についた。

甲児「ちぇ、なんだよ、せっかく様子を見に来てやったのに・・・」

無線で弓教授へ、連絡をとる甲児。

甲児「先生。」
弓教授「なんだね、甲児くん。」
甲児「さやかさんは、いままで一度も機械獣に勝ったことがないっていうのに、
    いったい、あの自信はどこからくるんでしょうね?」
弓教授「さあ、それは、私にもわからんが・・・勝てないことを、くよくよ悩んでいるより、
     さやからしくていいんじゃないかな。」
甲児「それも、そうですね。ははは・・・」

今日は全員が笑顔。
新海底要塞ブードの大進撃がはじまっているともしらず、和やかな雰囲気で1日を終えた研究所であった。

第5話へつづく・・・

【予告】

新海底要塞ブードから発進した、機械獣が、光子力研究所へ向けて進撃してくる!
それを、迎え撃つマジンガーZと、我らのスーパーレディロボット・アフロダイA!!
ついに、破壊力を3倍に高めた、アフロダイA 必殺の胸のミサイルが火を放つ!!

次回、第5話 「炸裂!!強力・アフロダイミサイル!」に、ご期待ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の更新予定は、10月1日(月)

新企画:私訳「マジンガーZ衝撃A(エース)編!」 ビック特報!

「図解!これが、強力アフロダイミサイルだ!!」

です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

« 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」 第4話 その1 | トップページ | 「大図解!これが、強力アフロダイミサイルだ!」 »

(2)衝撃A(エース)編!」カテゴリの記事

コメント

いいですねぇ~さやかさん(´▽`)

私は、マジンガー再放送世代なんですが、
当時、ミサイルが機械獣アブドラ(でしたっけ?)の両目に刺さったまま
なかなか爆発しないのをハラハラしてみていた記憶があります。

確かこの時も「どうだ!前がみえないだろう!!このめくらめっ!」
とか啖呵を切ってあっさりやられちゃったのを懐かしく思い出します。笑

やっぱりさやかさんは、こうじゃなくちゃ・・・・
私の永遠のヒロインです。 「炸裂!!強力・アフロダイミサイル!」楽しみに更新待ってマース(*^^*)

あくびさん>
またまたコメントいただき有難うございます。
おっしゃるとおり、さやかさんの魅力は、強気な発言をしつつも、
「実は弱い」ところにあるんですよね。
アフロダイAの戦いは、いつも、ハラハラ、ドキドキ、とても緊張感があります。
そのへんを重視して、今後もやっていきたいと考えてます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」第4話 その2:

« 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」 第4話 その1 | トップページ | 「大図解!これが、強力アフロダイミサイルだ!」 »