フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 「大図解!これが、強力アフロダイミサイルだ!」 | トップページ | 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」 第5話 その3 »

2012年10月10日 (水)

私訳「マジンガーZ衝撃A(エース)編!」第5話 その1

第5話 「炸裂!強力アフロダイミサイル!!」の巻 その1

光子力研究所の格納庫、その中に立つ、美の女神、その名も、アフロダイA!
その両胸に、発射実験が終わり実用化にこぎつけた、破壊力をいままでの3倍に高めた
アフロダイミサイルが搭載されたのだ!
アフロダイAの両胸を形作るミサイル先端の露出部分は、実験用の白ではなく、実用の赤に塗装されている。

さやか「ようやく、破壊力を3倍に高めたミサイルの搭載が終わったのね。」
せわし「そうじゃ、これでアフロダイAにも、マジンガーZに勝るとも劣らん超必殺兵器が備わったんじゃよ。」
    「超合金Zのボディー、光子力エンジン、ミサイルパンチの3倍の破壊力を持つアフロダイミサイル!」
    「陸上戦闘に限れば、戦闘力はマジンガーZに近いものがあるぞい。」
さやか「そうね、この強力アフロダイミサイルがあれば、もう機械獣なんかに負けないわ!」
    「バッタバッタと機械獣を倒して、あたしに恥をかかせたブロッケン伯爵におかえしをしてやるわ!」

さやかの心に、前回の戦いで、ブロッケン伯爵率いる鉄十字歩兵部隊の攻撃で、
アフロダイAが自分のミサイルで自爆させられるという「屈辱的な大敗北」を喫したこと、
そして、さやか自身も、十字架の影に磔にされ、「さらし者」にされてしまったことに対する、
悔しい気持ちが湧いてきた。

Yumisayaka_jyuujika_haritsuke

さやか「それから、あしゅら男爵も絶対に許さないわ!」

さやかは、あしゅら男爵との対戦で、何度も屈辱的な敗北をあじわっているが、
その中でも特に酷かった、海底要塞サルードにアフロダイAごと捕らえられ、
気を失っている間に、戦闘服だけでなく、下着まで剥ぎ取られ、気づいたときには、
全裸にされていたことを思い出した。

Manaitanokoi

間一髪で、甲児に救出されたため、結果として事なきを得たが、甲児にしか見せたくなかった、
「女の子の一番大切な秘密の場所」を、あんな奴等に鑑賞されてしまったのではないか?
と思うと悔しくてしかたがない。

さやか「あたしのことを、バカにしたブロッケン伯爵と、いままで散々ひどい目にあわされたあしゅら男爵!」
    「今度あった時は、このあたしが必ずやっつけてやるわ!」

次の戦いへ高まる意欲!
その時、光子力研究所の警戒警報が鳴り響いた!

所員A「海岸から上陸した機械獣が研究所へむけて進撃してきます。」
    「マジンガーZ・アフロダイAは、至急、出動してください!」
さやか「さっそく機械獣が、強力アフロダイミサイルの餌食になりに来たわ!」

アフロダイAの操縦席へと続く階段を駆け上がるさやか!

せわし「お嬢さん!強力な武器を装備したからといって油断は禁物じゃぞ!」
さやか「心配ないわ!アフロダイAは、誰が操縦してると思ってるの!」
    「この正義のスーパーロボットヒロイン・弓さやか様なのよ!」
せわし「それが一番心配なんじゃよ~!」

せわしの心配なぞ、どこ吹く風。
さやかは、今回の戦いへの自信をみなぎらせ、アフロダイAの操縦席へ飛び乗った!

その2へつづく・・・

« 「大図解!これが、強力アフロダイミサイルだ!」 | トップページ | 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」 第5話 その3 »

(2)衝撃A(エース)編!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私訳「マジンガーZ衝撃A(エース)編!」第5話 その1:

« 「大図解!これが、強力アフロダイミサイルだ!」 | トップページ | 私訳「マジンガーZ 衝撃A(エース)編!」 第5話 その3 »