フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月24日 (日)

怪傑ライオン丸(沙織画像) その2

怪傑ライオン丸(沙織画像) その3

Saori01

怪傑ライオン丸、視聴2周目も終わろうとしております。
沙織さん、後半にはいると、ますます美しさが増してまね。
最近のヒロインに無いすべての物が凝縮して詰まっている感じです。
まさか、いまさら、こんなにハマるとは思いませんでした。

Saori02

画像が悪くてもはっきりとわかる、この総合的なバランスの良さ!
美しさと可愛さが同居して、まさに神がかってます!

Saori03

やはり、後半の衣装の方が、かわいい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いろいろな研究成果があったので、そろそろ本編の制作に入ろうかと思います。

私訳「マジンガーZ衝撃A(エース)編!」 第7話(その1)の更新目標は、4月中旬 です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2013年3月16日 (土)

「侍戦隊」最近の御活躍

Sinnken1

突然、「侍戦隊シンケンジャー」の話題ですが、なぜかというと、数ある戦隊ヒーローの中でも
一番のお気に入りが「侍戦隊シンケンジャー」だからです。

放送終了から何年かたっておりますが、侍戦隊の方の活躍ぶりはうれしいですね。

シンケンレッド役だった松坂桃李さん、先週の話ですが、日本アカデミー賞 新人俳優賞おめでとうございます。
http://www.japan-academy-prize.jp/prizes/36.html

シンケンピンク役の高梨臨さんも、ご活躍のようで・・・
ひとつの戦隊から2人も主役級がでるのはすごいですね。
http://kusosuranger.com/archives/24998701.html

「侍戦隊シンケンジャー」第1クールから凄い盛り上がり方です。
個人的には、かなりオススメ。↓  
http://mvnavidr.blog116.fc2.com/blog-entry-7306.html

大人の視聴にも耐えうる作品だと思いますよ。

2013年3月 2日 (土)

第6話「壮絶!地獄のW作戦!」の巻(ファイナルラウンド)その2

第6話 「壮絶!地獄のW作戦!」の巻 (ファイナルラウンド)その2

爆発の危機を脱したアフロダイAの操縦席から、救出したさやかに甲児が呼びかける。

甲児「さやかさん!さやかさん!」
さやか「うう・・・こ・・・甲児くん・・」
甲児「「おっ、やっと気がついたか!」
W6ff11111_2

W6ff2

W6ff3

重要課題満載の第6話、ついに終了しました~。
「アフロダイAのつぎは、さやかさんか~ふひょ~」をカラーで描きたかったので。こんな終わり方になりました。

第7話へつづく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回、第7話 「ボスボロット・戦闘開始!!」ですが、実際に書き始めたら当初の予告内容と
全然、ちがう内容になってきてしまいました。

もう少し、まとまったら更新予定日をお知らせします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

怪傑ライオン丸(沙織画像)他

今日は、午前10時の時点で、すでに1日の平均アクセス数を上回ってますね。
凄く期待されてるってことでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーー【お知らせ】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・衝撃A(エース)編 第6話 ファイナルラウンド(その2)は、20:00頃UPする予定で
現在、最終ページを作成中です。

・衝撃A(エース)編 第6話 ファイナルラウンド(その1)の、ラストの文章を追加しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は、「怪傑ライオン丸 第49話の衝撃」があったので、作業が遅れてしまいました。

それにしても、沙織さんかわいいですねー。

Photo_7

かわいいだけでなく、色っぽい。

 

Photo_12

いい感じで座ってます。

 

Saori3

 

いやー、それにしても凄い美人さんですねー。

 

Photo_14

前半では、ローアングルからの見応えバッチリのアクション他、見せ場が多く大活躍。
後半に入ると、ローアングルからの見応え半減、見せ場も減少しますが素晴らしい活躍を見せてくれます。

 

それにしても、前述していますが、「第49話」の拉致られ方は、衝撃でした。
第1話とか第2話のは記憶にあったのですが、これは無かった。何回みても凄いですね。
これほどの美人さんが、こんなことに・・・

 

Photo_5

 

Photo_6

全編とおして、一番、恥ずかしく、いやらしい拉致られ方じゃないでしょうか?
でも、拉致られた後は、少々、残念な展開でしたね。

 

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »