フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月22日 (土)

「衝撃A(エース)編!」第9話「富士山直滑降作戦」の巻:後編(その2)

「衝撃A(エース)編!」第9話「富士山直滑降作戦」の巻:後編(その2)

 

G891

さやか「なにするのよ!熱いじゃないの!!」
    「あたしが動けないのをいいことに、卑怯なマネはやめてちょうだい!」
ブロッケン「ふふふ・・・この寒さの中、下半身を冷やさないよう温めてやっているんだ。」
      「感謝こそされ、恨まれることなどないはずだが。」 

ブロッケンの言葉とは裏腹に、さやかの股間は下からの炎に突き上げられていた。

  
さやか「あっ・・熱い!この前より炎が強烈だわ!!」
ブロッケン「ガードスーツの部分はともかく、脚は何のガードもつけていない ”生あし” だということは解っているんだ!」
      「このまま我慢していては、自慢の美脚が、醜く焼けただれることになるぞ!」
弓教授「さやか・・・」
さやか「ダメッ!熱くて、我慢できない!!」

太ももを猛烈な炎から少しでも遠ざけようと、ますます股を開いてしまうさやか。

ブロッケン「わははは・・・正義のスーパーロボットヒロインが敵の目の前で、自ら大開脚だ!」
      「そんなにスカートの中を見てほしいのか?」

ブロッケンが、さやかのスカートの中を覗き込んだ。

さやか「いや~ん!みないで~!!」
ブロッケン「そんなに薄汚れた下着をみせて・・・本当にレディーの教育がなっていないな。」
      「親の顔が見てみたいとはこのことだ!わはははは・・・」

 

ブロッケンだけでなく、鉄十字兵達も、さやかのスカートの中を覗き込んでは笑っている。

さやか「く・・くやしい・・・」
    「甲児くん・・・たすけて・・・たすけてーっ!甲児くーん!!」

G87

ブロッケン「わははは・・無駄だ無駄だ!マジンガーZはジェットスクランダーが破損し富士山頂から動けんのだぞ!」
さやか「そんなことないわ!あたしのピンチには、必ず甲児くんがたすけにくるのよ!」
    「甲児くん・・・はやく・・・早くたすけに来て~!」 
ブロッケン「フン、まったくおめでたい女だな!」

その時、突然、近くで大爆発が起き、機械獣ブローグンG8が倒れ込んだ。

ブロッケン「むむ、いったい何が起こった・・・」

Zski

 


ブロッケン「なにい、バカな!マジンガーZがスキーだと!!」

 

今の爆発は、スキーで滑降中のマジンガーZから発射された光子力ビームが、
機械獣ブローグンG8の背中に命中した爆発だったのだ!

さやか「甲児くん!やっぱり来てくれたのね~
甲児「さやかさん、またせたな!」

 

甲児は、さやかが磔にされている磔台を引き抜くと、それを少し離れた場所へ突き刺した。

 

さやか「甲児くん、頑張って!」
甲児「やいブロッケン!よくもさやかさんを酷い目にあわせたな!」
   「ブレストファイヤー!」

G8ffff_2

抵抗する機械獣ブローグンG8だったが、ブレストファイヤーの直撃には耐えられず、すぐに爆発四散した。

ブロッケン「むむ~っ!機械獣が倒されてはしかたがない、全軍、撤退だ!」
甲児「待て!ブロッケン伯爵!」
さやか「待って、甲児くん!いつまで、あたしをこんな格好にさせとく気よ!」

 

振り向くと、そこには、猛烈な寒さの中、恥ずかしい姿で磔にされたままのさやかの姿があった。

甲児「ああっ、わるかったなさやかさん。すぐに降ろしてやるから待ってな!」

 

甲児は、さやかのもとへ駆け寄ると、すぐにさやかを磔台から解放した。

G881

 

さやか「そんなこと、どうだっていいの!」
    「甲児くん、このままだっこして連れて帰ってくれる
甲児「うひょ~、お父さんの前だけどいいのかな~?」

 

第10話へつづく・・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

【次回予告】

あしゅら男爵が、兜甲児の留守を突き、機械獣トロスD9を、光子力研究所へむけて進撃させてきた。
機械獣を迎え撃つため、一人で出撃するアフロダイA!
今度こそ、アフロダイAは、本当の力を見せることができるのか!


次回、衝撃A編!第10話 「対決!機械獣トロスD9!」 に、ご期待下さい!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Fuji1

 

1月25日撮影


 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月 5日 (水)

2014年3月5日マジンガーZIP「さやか!応答せよ!」の巻

Sayakaoutouseyo

こういうタイトルがでても、あまり期待しなくなってしまった今日この頃ではありますが・・・

今日は、久しぶりにアフロダイAが出てきたと思ったら、いきなりガラダK7にアッパーカットでぶっ飛ばされ、
次のシーンでは、さやかさんがベッドに・・・

Sayakaoutouseyo1

Sayakaoutouseyo2

TV版本編でも、アフロダイAやダイアナンAは激しくやられまくっていたのに、実はこういうシーンは
ほとんどないんですよね。

後期型戦闘服姿では初めてじゃないでしょうか。

オチはともかく、本日の放送は、Good!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【予告】

衝撃A編!第9話「富士山直滑降作戦!」後編(その2)は、

3月22日(土)更新です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2014年3月 4日 (火)

「衝撃A(エース)編!」第9話「富士山直滑降作戦」の巻:後編(その1)

「衝撃A(エース)編!」第9話「富士山直滑降作戦」の巻:後編(その1)

G861_3

さやか「うう・・・」

気を失っていたさやかが目を覚ました。

さやか「きゃあーっ!!これはいったいどういうことなのよー!!」

さやかは、すぐに、またしても鉄十字により磔の刑にされてしまったことに気が付いた。

ブロッケン「わははは・・・正義のスーパーロボットヒロインが大股びらきで晒し者とは惨めだな!」
さやか「あっ!ブロッケン伯爵。」

磔にされたさやかを、下からブロッケン伯爵と鉄十字軍が見上げている。

さやか「どこ見てるのよ!いやらしいわね!」
ブロッケン「フン、あいかわらず生意気な娘だ!だがいつまでそんな口をきいていられるかな?」
      「鉄十字!この前と同様に股の間の大切な場所を、マシンガンの先っぽでグリグリしてやれ!」
さやか「なんですって!」

ブロッケンの指令で一人の鉄十字が、さやかのミニスカートの中から見える股の間の白い部分に
マシンガンの先っぽを押し当てグリグリした。

さやか「あん!」

マシンガンの先っぽで女性の一番感じる場所をグリグリされ、思わず悩ましい声を上げてしまうさやか。

ブロッケン「どうだ、弓弦之介!」
      「このまま愛娘が恥ずかしい目にあわされ続けてもいいのか!」
さやか「どうしてお父様が・・・」

ブロッケンの視線の先を確認するさやか。
そのには、光子力研究所のコントロールタワーから心配そうに自分を見ている弓弦之助と所員達の姿があった。

さやか「あっ!お父様!」

さやかが磔にされている場所は、光子力研究所の正面入口ゲート前だったのだ。

ブロッケン「これ以上、娘が酷い目にあわされるのを見たくなかったら光子力研究所をあけわたせ!」
      「さもないと、この娘がもっと恥ずかしい目にあうぞ!」

弓教授「さやか・・・・」
さやか「卑怯よブロッケン!伯爵なんて貴族づらして、あいかわらず汚い手を使うのね!」
ブロッケン「ふふふ・・・吾輩を侮辱すると、それなりの返礼はさせてもらうと言ったはずだぞ!」
    「鉄十字!その娘の股の間の秘密の場所を、マシンガンの先っぽで、もっとグリグリしてやれ!」

鉄十字が、再びマシンガンの先っぽで、さやかの股の間の秘密の場所をグリグリしはじめた。

さやか「いや・・・やめて・・・あっ・・あっ・・」

さらに、鉄十字が、さやかの女性が最も感じる部分をグリグリする。

ブロッケン「自慢のガードスーツもスカートの中はノーガードに等しいということは、わかっているんだぞ!」

さやかの戦闘服の下着は、超合金Z繊維を使用して作られているとはいえ、普通の女性用ショーツと
なんら変わりない薄さのため、女性自身の部分をグリグリされた時の刺激は、まともに感じてしまうのだ!

さやか「あっ・・・あっ・・・ああ~っ・・も・・もう我慢でいない・・・」

そして、ついに、グリグリされている、さやかの股の間の女性自身の部分から、秘密の液体が溢れ出してしまった。

さやか「ああ~・・・」

G862

ブロッケン「わははは・・なんというはしたない娘だ!」      
      「レディーとしての教育がまったくなっていないようだな!」
さやか「くやしい・・みんなの見ている前で、こんな恥ずかしい目にあわされるなんて・・・」
ブロッケン「わはは・・・見たか!弓弦之介!」
      「かわいい娘が、こんな恥ずかしい目にあわされて、可愛そうとは思わんのか?」
弓教授「・・・・・」
ブロッケン「今にも雪が降りそうだというのに、股の間が、びしょびしょに濡れていてはさぞかし寒いだろう。」
      「女性が下半身を冷やすのはよくないと聞いているぞ。」
      「鉄十字!この娘が下半身を冷やさないようにあたためてやれ!」

ブロッケンの指令で、鉄十字が、さやかの股の間に、何か液体の入った缶を置いた。

さやか「まさか・・」
ブロッケン「吾輩は、貴族なのでな、女性には優しいのだよ。」

ブロッケンがマッチに火をつけ、さやかの股の間に置いてある缶の中へ投げ込んだ!

さやか「きゃあー!!」

後編その2へつづく・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2回の大雪が、ここの更新速度にも影響するとは思いませんでした。
予告よりだいぶ遅れましたが、ようやく更新できました。
次回の更新は、だいぶ先のような気がします・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »