フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月17日 (金)

衝撃A(エース)編!第12話「ドクター・ヘル日本占領!」の巻:後編(その2)

衝撃A(エース)編!第12話「ドクター・ヘル日本占領!」の巻:後編(その2)

Q750001

さやか「ああっ!」

あしゅら男爵の持つバードスの杖の先端が、さやかの股の間の女性自身の部分に食い込んだ。

さやか「いったい、どうするつもりなの?」
あしゅら「こうしてくれる!」

あしゅら男爵は、バードスの杖の先端部分を、電動バイブレーターの如く小刻みに振動させ、
さやかの股の間の女性が最も感じる部分を刺激した。

さやか「ああっ!そ・・そこは・・・ダメっ!」
あしゅら「そこは、なんだ?」

さやかの股の間の陰核を、バードスの杖の振動で刺激し続けるあしゅら男爵。

さやか「あっ!あっ!ああ~っ!!」

Q75aaaa001

さやか「いや・・やめて~あっ!あっ!ああ~!!」

さやかの股の間の女性自身の部分が、またしてもじわじわ濡れ始めた。

あしゅら「口では、やめてと言いながらも、体はしっかり反応しているぞ。」
さやか「あっ・・あっ・・・あはは~ん!!」

またしても、さやかは股の間の女性自身の部分より、秘密の液体を大量に放出してしまった。

さやか「こんな恥ずかしい目にあわされてるっていうのに・・・またやっちゃった・・・」
あしゅら「どうだ、弓弦之助!娘がこんな目に合っているのに研究所を明け渡さんのか!」
弓教授「むう・・・」
あしゅら「明け渡さんというのなら、今度は、股の間のミステリーホール電撃をぶち込むぞ!」

そう言うと、あしゅら男爵は、バードスの杖の先端を、びしょ濡れになった、さやかの股の間の
女性自身の部分に押し当てグリグリし始めた。

さやか「や・・やめて・・・」

あしゅら男爵は、手始めに微量の電気で、さやかの股の間の女性が最も感じる部分を感電させた。

さやか「きゃあーっ!!」

股の間の女性が最も感じてしまう部分を感電させられたさやかは、経験したことのない衝撃に
両足を硬直させ、思わず股を大きく開いてしまった。

あしゅら「わははは・・・正義のスーパーロボットヒロイン様が自ら御開帳だ!」

あしゅら男爵だけでなく、周りにいる鉄仮面達もさやかの様子を見て笑っている。

さやか「くやしい・・・」
あしゅら「次は、もっと強い電撃を、股間にぶち込んでやる!」

そう言うと、あしゅら男爵は、もう一度さやかの股の間の女性自身の部分に、バードスの杖の先端を押し当て
さっきより強めの電気で、何度もさやかの股の間の女性が最も感じる部分を感電させた。

さやか「きゃあーっ!!」
    「甲児くん、たすけて!たすけてーっ!甲児くーん!!」
    
あしゅら「どうだ弓弦之助!これでも、研究所を明け渡さんのかーっ!」
弓教授「むう・・」

あしゅら男爵は、電気を帯びたバードスの杖の先端で、さやかの股の間をグリグリし続けた。

さやか「ああ~っ!だめっ・・・もう我慢できないーっ!」

さやかは、またしても股の間より、秘密の液体を大量に放出してしまった!

Q75aaaa002

さやか「あっ・・・ああ~っ・・・」
あしゅら男爵「わははは・・・まさに悶絶大潮吹きとはこのことだ!」
        「それにしても、これほどの大量潮吹きとは、お前のアソコはどうなっているんだ!」
さやか「こんな屈辱・・・もう耐えられないわ・・・」
弓教授「こうなったら、仕方がない・・」

弓教授が降伏しよとした、その時、突然、マジンガーZが姿を現した。

甲児「先生!待ってください!」
さやか「あっ、甲児くん!やっぱり来てくれたのね~
ドクターヘル「貴様、電磁網につかまっていたはずなのに!」
甲児「魚じゃあるまいし、いつまでも捕まってるかよ!」
   「お前たちが、さやかさんをひどい目にあわせている間に、ジェットスクランダーを切り離し脱出したのさ!」
ドクターヘル「こうなったら仕方がない!機械獣バルモスQ7!マジンガーZを叩き潰せ!」

ドクターヘルの指令を受け、マジンガーZに飛びかかる機械獣バルモスQ7。

甲児「ルスト・ハリケーン!」

マジンガーZ必殺の強酸の嵐が機械獣の体を包み込むと、上半身の装甲を残して、
機械獣バルモスQ7は、崩れ去った。

ドクターヘル「こうも簡単に、機械獣バルモスQ7がやられるとは思わなかったぞ。」

退却する飛行要塞グール。

あしゅら「ああっ!ドクターヘル・・・くそう、こうなたら我々も撤退だ!」

マジンガーZの横をすり抜けて撤退するヘルカー部隊。

甲児「あっ!待ちやがれ!あしゅら男爵!」
さやか「まって、甲児くん!」

さやか声の方を振り向けば、そこには、開脚吊りにされ、さらし者になっているさやかの姿があった。

さやか「いつまで、あたしをこんな格好にさせとく気なの?」
    「はやくたすけてよ~!」
甲児「ああっ!わりいわりい、それじゃあ、すぐにたすけてやるから待ってな。」 
   「それにしても、あしゅら男爵め・・・よくも、さやかさんを、こんなひどい目に合わせたな!」
   「今度会った時はただじゃおかないぞ!」

第13話へつづく・・・

2014年10月 4日 (土)

アンラブリーTシャツだって。

04

ハピネスチャージプリキュアの第30話に登場 したアンラブリー。

人気が大爆発なのか、アンラブリーTシャツが発売されたようだ。

どう見ても、女児向きの商品じゃないですね。

Photo

アンラブリーさんは、今回限りの登場でしょうが、非常にインパクトの強いキャラでした。

03

02

05

06_2

ファントムが変身した姿でなく、ファントムの妹とかいう設定で、ラブリーのライバルとして、

もっと出してほしかったですね。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »