フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月27日 (土)

衝撃A(エース)編!第13話「前線基地・地獄城!」の巻き:後編

衝撃A(エース)編!第13話「前線基地・地獄城!」の巻き:後編

 

機械獣出現の報告を受けた甲児が、作業を中断してコントロールタワーに上がってきた。

甲児「さやかさんのヤツ大丈夫かな。」

甲児が、一人で出撃したアフロダイAの様子を心配そうに見ている。

さやか「あの崖を越えれば、ちょうど機械獣の背後をとれるはずだわ。」
    「背後をとったら、後ろからアフロダイミサイルをお見舞いして大勝利よ!」

さやかは、海岸から研究所へ向けて進んでくる機械獣ジャイアンF3の背後をとろうと、崖を登り始めた。

   
Yamanobori

甲児「おい、さやかさん、何をやってるんだ、無理はするなよ!」
さやか「甲児くん、今日のアフロダイAは、一味違うってところを見せてやるわ!」

自分で考えた、地の利を生かした作戦に自信を持つさやかは、どんどん崖を登ていった。

ブロッケン「アフロダイAが出てきたか、これで光子力研究所の戦力は無くなったようなものだ。」
      「ようし、鉄十字パラシュート部隊、降下用意!」

崖を登り切ったところで、飛行要塞グールが高度を下げて向かっくるく様子を確認するさやか。    

さやか「あれは、飛行要塞グール!研究所を襲うつもりなんだわ!」

アフロダイAが、自分の真上を通過し、研究所の方へ向かうグールを見上げた瞬間・・・

さやか「あっ!」

アフロダイAは、足を踏み外し崖の頂上から転落してしまったのだった。

さやか「しまった!」

 

Gake1

さやか「きゃあああーっ!!」

Sayaka01

さやか「たすけてーっ!」

周囲の岩を砕きながら、崖から滑り落ちるアフロダイA。
その自らが砕いた岩が、岩屑なだれとなり転げ落ちるアフロダイAを襲う!

 

Gake2

さやか「ああっ!ダメッ!甲児くーん!」
甲児「あーあーっ!一味違うって、このことかよ!まったく見ちゃいられないぜ!」
   
さやか救出のため急いでホバーパイルダーで出撃する甲児。

ブロッケン「わははは・・アフロダイAが勝手に自滅してくれたぞ!」
      「それにしても、足を踏み外して崖から転落とは、まったくドジなロボットだ!」 
      「機械獣ジャイアンF3!このまま一気に研究所をたたき潰してしまえ!」

ホバーパイルダーで、さやかの救出に来た甲児であったが、アフロダイAの姿が見つからない。

甲児「さやかさん、どこにいるんだ!」
さやか「ここよーっ!ここにいるのがわからないのーっ!」
甲児「ああっ!さやかさん!」

Umoreteru

さやか「甲児くん、たすけて・・・アフロダイAが埋もれてしまって動けないのよ。」
甲児「はははは・・・さやかさん、確かに一味違うアフロダイAの姿、見せてもらったぜ。」
さやか「甲児くん、あたしのことバカにしてるでしょ!」
甲児「わりいわりい、それにしてもさやかさん、アフロダイAの実力を思い知らせてやるとか言って、
   出ていくまではかっこよかったけど、戦う前に崖から落っこちて生き埋めになるなんて、まったくだらしないぞ。」
さやか「甲児くん、お説教なら後にしてちょうだい!機械獣がすぐそこまで来るのよ!」
甲児「さやかさん、その機械獣ならもう来てるみたいだぜ。」
さやか「なんですって!」

生き埋めになっているアフロダイAの目の前に、巨大な機械獣ジャイアンF3が姿を現した。

さやか「これは、ロボットお化けだわ・・・」
甲児「機械獣は、ホバーパイルダーでなんとかするからさやかさんは自力で脱出するんだ!」
さやか「そんな・・・」
甲児「アフロダイAはスーパーロボットなんだろ、だったら、そのくらい人の手を借りるまでもないだろ。」
さやか「甲児くんのいじわる!」

岩に埋もれて動けないアフロダイAの目前で、機械獣ジャイアンF3とホバーパイルダーの戦いが始まった。

甲児「こんなでっかい機械獣、いったいどこから攻めたらいいんだ!」
さやか「甲児くん、頑張ってー!」

体は埋もれて、頭部だけが地上に出ているアフロダイAから声援が飛ぶ。 

甲児「ヘン、のん気なもんだぜ!」
さやか「あっ!あれは!」

さやかの視界に、飛行要塞グールから降下しているパラシュート部隊の姿が入った。

さやか「甲児くん、たいへんよ!鉄十字のパラシュート部隊が研究所へ向けて降下しているわ!」
甲児「なんだって!」
   「こんな時に、あっちもこっちもじゃ手がまわらねーや!」
   「さやかさん、アフロダイAは、まだ脱出できないのか!」
さやか「それが出来たらとっくにやってるわよー!」
甲児「まったく、役に立たねードジなロボットだぜ!」
さやか「んもう!こんな大事な時にあたしが何もやれないなんて、またくじれったいわねー!」

 

機械獣ジャイアンF3は、なかなか攻撃の当たらないパイルダーを諦めて、今度は、巨大キャタピラで
生き埋めとなり頭だけが地上に出ているアフロダイAを踏みつぶしにかかってきた。

さやか「ああっ!こっちに来るわ!」

このままでは、アフロダイAの頭部ごと踏みつぶされてしまうため、さやかは必死に操縦レバーを引いたが
アフロダイAは動かない。

さやか「だめだわ、どうしても抜け出せない!このままじゃ機械獣に踏みつぶされちゃうわ!」
    「甲児くん、たすけて!たすけてーっ!甲児くーん!!」
甲児「パイルダーミサイル!」

甲児は、パイルダーミサイルで機械獣ジャイアンF3のキャタピラを破壊!
その巨体ゆえにバランスが保てなくなった機械獣ジャイアンF3は、転倒し崖下へ転落、爆発四散した。

ブロッケン「図体はでかくても、所詮は作業用ロボット、簡単に倒されてしまったか。」
      「鉄十字、ホバーパイルダーが帰ってくるぞ、森の中へ一時退却だ!」

機械獣を倒し、鉄十字も撤退したという報告を受け、ホッとする甲児とさやか。

さやか「甲児くん、早くアフロダイAをここから出してちょうだい。」
甲児「さやかさん、ホバーパイルダーじゃ、そこからアフロダイAを助けるのは無理だからボスにでも頼むんだな。」
さやか「あっ!まって甲児くーん!」
    「あたしを見捨てないでーっ!」

マジンガーZのオーバーホールを手伝うため甲児は、アフロアイAを救出することなく
放置したまま帰ってしまったのだった。

つづく・・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【予告】

機械獣ジャイアンF3を倒し安心するさやか達であったが、すぐに光子力研究所は森の中に撤退した

鉄十字が放つ、強力な妨害電波に覆われてレーダーが効かなくなってしまう。

さやかは、”アフロダイA=ドジなロボット”という汚名を返上するために、単身アフロダイAで

鉄十字の潜む森の中へと
出撃するのだった!

次回、衝撃A(エース)編!第14話「地獄城!悪魔の戦闘宣言!!」前編(その1) は、

カテゴリーを、「衝撃A編!NewStage」に移して開始します。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   

 

 

2014年12月20日 (土)

衝撃A(エース)編!第13話「前線基地 地獄城!」の巻:前編

衝撃A(エース)編!第13話「前線基地 地獄城!」の巻:前編

 

Photo

光子力研究所の会議室では、弓教授が不調の状態が続くマジンガーZを、
ついにオーバーホールするという決断を下していた。

甲児「先生、結論が出た以上、一刻も早くオーバーホールに着手して下さい。」
   「万一、今ドクターヘル側から攻撃を受けたら、マジンガーZは出動できないんですからね。」

さやか「甲児くん、アフロダイAの存在を忘れないでちょうだい!」
    「あたしにしてみれば、アフロダイAの力を発揮する絶好のチャンスが来たと思てるわ!」

甲児「さやかさん、何を言ってるんだ。」
   「いままでだって、マジンガーZが目を離したら、常にピンチが襲ってきたじゃないか。」
   「機械獣どころか、鉄十字や鉄仮面にも連戦連敗、挙句の果てには操縦者自身が
    研究所の目の前で磔の刑にされてるようなアフロダイAに研究所が守れるとは思えないけどね。」

さやか「気にしてることを・・・よくも言ってくれたわね!」

せわし「まあまあ、二人とも待ちなさい。」
    「そんな議論をしている場合じゃあない、すぐにマジンガーZのオーバーホールにかからねば。」

せわし博士の言葉に冷静さを取り戻す、甲児とさやか。

弓教授「では、早速、作業にとりかかろう。」
    「甲児くんも一緒に来てくれたまえ。」
    「さやかは、万一に備え研究所のガードを頼む。」

さやか「わかりました。」

会議が終わった後、さやかは戦闘服に着替えコントロールタワーに上がってきた。

さやか「ボス、いるのボス、返事して、ボス。」

無線で、ボスに連絡を入れるさやか。

ボス「はい、こちらボス。」
さやか「聞いてボス、今マジンガーZはオーバーホールを行っていて動けないの。」
    「あたしたちの力を示す絶好のチャンスが来たのよ。」
    「すぐに、ボスボロットで研究所へきてちょうだい!」
ボス「それが、これからバイトだから行けないんだわさ。」
さやか「えっ!アルバイト?」
ボス「行きたいところはやまやまなんだが、このところの物価の上昇で部品やガソリンが買えないから
    ボスボロットが動かせないんだ。」
      「すまねえな、さやか。」
 
さやか「オイルショックの影響が、こんなところにでるなんて思わなかったわ。」

注:衝撃A(エース)編!は、現在の話でも未来の話でもなく、1973年〜74年頃の話です。

さやかとボスの無線を、傍受している者がいた。

ブロッケン「ふふふ・・・あんな大事な話を無線でするとは、相変わらず間抜けな娘だ。」
      「それにしても、 オレは運がいい。」
      「今回の作戦は、あしゅら男爵のバカが、ドクターヘルの前線基地を完成させるまでの間
       そっちに目がいかないように、研究所を混乱させるだけの陽動作戦であったが・・・」
      「マジンガーZがオーバーホール中となれば話は別だ、このまま光子力研究所を攻略してくれる。」
      「鉄十字、頃合いを見て機械獣ジャイアンF3を上陸させるのだ!」

ブロッケンは、マジンガーZのオーバーホールが始まったであろう頃合いを見て、
海中に潜ませていた機械獣ジャイアンF3を上陸させてきた。
日が落ちて暗くなった光子力研究所に緊急警報が鳴り響く。

所員A「海岸より上陸した機械獣が、街を壊しながら研究所に向けて、一直線に進んできます!」
   

13001

13002

格納庫の扉が開くと、そこからアフロダイAが勢いよく飛び出して行った!

前編(その2)へつづく・・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【予告】

 

 マジンガーZとボスボロットが動けないため、単身、機械獣の迎撃に向かうアフロダイA。

さやかは、機械獣ジャイアンF3に対し地の利を生かした奇襲攻撃をかける作戦にでるが・・・


次回、第13話:「前線基地・地獄城!」の巻:
後編に、ご待ください~

更新予定日は、12月27日(土)です!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

2014年12月15日 (月)

ほんとに女児向けアニメ??

2_20141215_029

ネットの書き込みによれば、第44話は、歴代でも屈指の回とも書かれてますが、いやー面白かったですね。

ハピネスチャージは、マジンガー系の技が多いと思ってましたが、

43話は、マジンガーZでいえば、91話にあたる内容で、44話は92話にあたる内容でした。

2_20141215_102

新たなる脅威に、無敵のラブリーさんも苦戦!

1_20141215_101

ラブリーさん、切なすぎて泣けてくる。

ハピネスチャージは、このところ毎週、泣ける話ばっかりです。

最終クールに入ってから、内容が濃すぎて、女児向けのレベルは飛び越えてる気がしますが、
対象年齢を変更したんでしょうか?

2014年12月12日 (金)

ビック特報・第五弾!「これが鉄十字ハイパーバズーカだ!」

ビック特報・第五弾!「これが鉄十字ハイパーバズーカだ!」

Photo

ドクターヘル「あそこにある標的は、前回の戦いで破壊したアフロダイAの装甲じゃ。」

ブロッケン「アフロダイAの装甲ということは超合金Z!」
      

ドクターヘル「そうじゃ、アフロダイAの装甲は、マジンガーZの半分以下の厚さとはいえ超合金Zを使っておる。」
       「見よ!ブロッケン伯爵!あの改良したハイパーバズーカ砲の威力を!」

ブロッケン「おおっ!なんという破壊力!超合金Zが粉々だ!」

ドクターヘル「ふふふ・・あのハイパーバズーカがあればアフロダイAなど敵ではない。」

ブロッケン「それにしても凄い破壊力ですな。」

ドクターヘル「以前、お前とあしゅら男爵が弓さやかより奪ってきた光子銃。」

ブロッケン「弓さやかの光子銃ですと!」

Kousijyuu

ドクターヘル「あれを研究し開発したのが、この鉄十字ハイパーバズーカじゃ。」
 
        「あの銃は、なかなか優れた構造をしておったので参考になった。」
        「行け!ブロッケン伯爵!弓さやかの光子銃を参考にして造った、
         鉄十字ハイパーバズーカで光子力研究所を攻略するのじゃー!」
    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「弓さやかの決意」


Yumisataka_settstei_11

    
「この前の戦いは、機械獣を引きつけすぎたのが敗因だわ。」

「最近の機械獣は強力だから、いくらアフロダイAがスーパーレディーロボットだからって、
 あまり正面から勝負しないほうがいいようね。」

「次の戦いでは、弓さやか様ならではの、地の利を生かした戦い方をしてみせるわ!」

「きっと、いままでとは一味違ったアフロダイAの戦いが見れるはずよ!」


「みんな、今度こそ、あたしの活躍を期待しててね
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【お知らせ】

衝撃A編!いよいよ再開します。
 

まずは、13話「前線基地地獄城!!」の巻(前編)12月20日(土)更新予定、 

リクエストいただいた内容は、第14話「地獄城悪魔の戦闘宣言!!」で実現の予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2014年12月 8日 (月)

さすが10周年と言ったところでしょうか

Photo

ハピネスチャージプリキュア 第43話 感動の最終回?といってもよさそうな内容でした。

さすが、プリキュア10周年、第43話でこの展開とは、なかなか練れてますね。

Photo_2

ミラージュ戦は、いままでで一番熱いバトルでしたね。

ラブリーさんも主役らしい活躍ができました。

作画、演出、見どころ満載、とにかく凄かった。

Photo_3

ミラージュさん幸せになってほしいですね。

Photo_4

次週の予告、赤いサイアーク、まさか通常の3倍のスピード?

2

次週も楽しみですが、43話がよすぎた。

しばらく引きずりそうです。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »