フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月23日 (土)

SSR アフロダイA!

Img_0708

なかなか大変でしたが、「SSRのアフロダイA」をゲットできました。
 
SSRとれたので、そろそろマンガの方に取り掛かります。
 
8月上旬のUPを目指します。

2016年7月17日 (日)

弓さやか(水着2016夏)

Img_0702

ここで、この話題を取り上げないわけにはいかないですよねー。
「スーパーロボット大戦Ω」 イベント「タダではすまない無我夢中」 7月23日(土)13:59までです。
Img_0701
さやかさんが水着姿。しかも、ヒモがほどけて外れそうです。
Img_0703

おまけ ↓
Photo

カイザーの時の水着かと思ってましたが、こうして並べてみると少し違うようです。

2016年7月 9日 (土)

ダイアナンA編!第一話「驚異のロボット誕生!」の巻(前編)

ダイアナンA編!第一話「驚異のロボット誕生!」の巻(前編)

Photo光力研究所の格納庫にそびえ立つ美の女神。

光子力研究所が破壊されたアフロダイAのかわりに建造した
ダイアナンAが、ついに完成したのだ。

ダイアナンAを見上げる弓教授と戦闘服に着替え
やる気に満ちた表情のさやか。

さやか「それにしても、綺麗なロボットだわ。」
弓教授「このダイアナンAは、パワーアップを重ねたアフロダイAを、
          さらに戦闘用として改良したロボットだ。」

    「改良のポイントは、3つだ。」
    「一つ目は、アフロダイA以上の運動性と装甲の強化。」
    「二つ目は、アフロダイAには無かったビーム兵器の搭載。」
    「三つめは、ドッキングシステムによる操縦席だ。」

さやか「もうワクワクしてきたわ!」
    「ようし、このダイアナンAを操縦して
     マジンガーZに負けないくらい暴れてやるわ!」
さやか「それでは、そろそろダイアナンAの  操縦訓練に入ろうか。」
さやか「はい。」

さやかは、 戦闘服のミニスカートを翻し、ダイアナンA操縦用バイク
スカーレットモビルに飛び乗るとエンジンのスタートボタンを押し、
小型光子エンジンを始動させた。

さやか「いくわよーっ!」

まずは、スカーレットモビルが勢いよく格納庫から飛び出して行った。

さやか「ダイアナンA・ゴー!」
    「オーロラ光線発射!」

ダイアナンAの額から発射されたオーロラ光線を駆け上がり、
スカーレットモビルが頭部へと合体!

さやか「はっしーん!!」

さやかの掛け声とともに、ダイアナンAの全身から光子力エネルギーが
ほとばしると、今度は、ダイアナンAが勢いよく光子力研究所の敷地からから飛び出して行った!

富士山麓にある演習場で操縦訓練のメニューを次々と
こなしてゆくさやか。

その訓練の様子が、研究所の大スクリーンに映し出されている。

せわし博士「お嬢さん頑張ってますな。」
       「初めて操縦するロボットなのに、思ったよりいい動きしてますぞ。」
弓教授「さやか、どうやら順調のようだな。」
さやか「良好よ!それにしても、凄いわ、このダイアナンA!」
    「いままで何度もパワーアップを重ねたアフロダイA以上の運動性だわ!」

「これなら、もう甲児くんに足手まといなんて言われなくてすみそうね!」

その時、 光子力研究所に警報が響き渡った!

所員「海岸からヘルカー部隊が上陸し研究所に向けて急速接近中です!」
弓教授「なんだって!」
さやか「お父様!あたしがダイアナンAでやっつけて来るわ!」

そう言うと、さやかは、ダイアナンAをヘルカー部隊がが向かってくる方向へ走らせた!

弓教授「さやか!待ちなさい!!」
     「ダイアナンAは、まだテスト段階なので新兵器スカーレットビームを搭載していない。」
    「甲児くんが来るまで無理はするな!」
さやか「心配しないで、お父様。」
    「スカーレットビームが使えなくても、あれだけの運動性能があれば、ヘルカーなんかに負けないわ!」

弓教授の制止を振り切り、ダイアナンAをヘルカー部隊の迎撃へ向かわせるさやか!
さやかの視界には、すぐにあしゅら男爵率いるヘルカー部隊の姿が入ってきた。

あしゅら「むむ、あれはアフロダイAに代わる新しいロボット!」
     「もう完成していたのか!」
さやか「来たわね、あしゅら男爵!」
    「今日こそ、この驚異のスーパーレディーロボット・ダイアナンAがやっつけてやるわ!」
あしゅら「フン、何が驚異のスーパーレディーロボットだ!」
     「どうせアフロダイAのボディーに頭だけ乗せ換えたロボットだろう。」
     「それ鉄仮面!容赦するな火炎弾を浴びせろ!」
さやか「ダイアナンAを甘く見ないでね!」
    「アフロダイAとの違いを思い知らせてやるわ!」

アフロダイAを上回る運動性能で、火炎弾を浴びないようヘルカーの後ろへ回り込もうとするダイアナンA。
ヘルカーもスピードを生かしダイアナンAに後ろを取られないよう、さらに回り込む。

せわし「さすがは戦闘用として開発したダイアナンAじゃ!」
    「スポーツカー並みの速度と戦車に匹敵する火力を持つヘルカー部隊を相手に互角にやりあってますぞ。」
弓教授「なんとか、甲児くんが来るまで持ちこたえてくれるといいんだが・・・」

ダイアナンAが一進一退の攻防で、どうにかヘルカーの侵攻をくい止めている。

あしゅら「ええい、弓さやかのくせに生意気な!」

そう言うと、あしゅら男爵の乗るヘルカーがダイアナンAからどんどん離れていった。

さやか「まてーっ!最後まで勝負したらどう!!」

さやかは、ダイアナンAを走らせ猛スピードで逃げるあしゅら男爵のヘルカーを追いかけた。

あしゅら「ふふふ・・・思った通りだ。」
     「バカ娘が調子の乗って追いかけて来たわ!」

中編へつづく・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【予告】

次回は、あしゅら男爵の乗るヘルカーと光子力研究所が開発した最新鋭戦闘用ロボット

ダイアナンAが、ついに大激突!!

戦闘シーンは、「まんが」 6ページを予定しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »