フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月16日 (金)

ダイアナンA編!第二話「サーキト族・悪魔のパーティー」の巻(その2)

1ダイアナンA編!第2話:「サーキト族・悪魔のパーティー」の巻(その2)
 
 
 

動画のつづきです ↓
 
Nagusami000011_3
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
”略奪”と”強姦”を繰り返す凶悪暴走族に目を付けられてしまったさやかさん!
スカーレットモビルだけでなく、「女の子の一番大切なモノ」までも奪われてしまうのか!
さやかさんの運命やいかに!!
「サーキット族・悪魔のパーティー」の巻(その3)へつづく・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年12月 9日 (金)

ダイアナンA編!第2話「サーキット族・悪魔のパーティー!」の巻(その1)

ダイアナンA編!:第2話「サーキット族・悪魔のパーティー!」の巻(その1) 
 
Akumanoparty1_1
 
 
Akumanoparty02
 
 
Akumanoparty1_2
 
「きゃあああーっ!」
 
さやかは、うなされながらベッドから飛び起きた!
 
1_20161104_154
 
「夢だったの・・・それにしてもイヤな夢を見たわ。」
 
「ダイアナンAの初陣では、あしゅら男爵に散々な目にあわされちゃったものね・・・」
 
「はやく操縦に慣れなくちゃ。」
 
「そうだ、こうしちゃいられない、スカーレットモビルで特訓開始!!」
 
さやかは、ベッドから飛び出した。
 
「ああっ!」
 
さやかは、股の間に冷たいものを感じた。
 
「いやだ!変な夢を見たから、股の間がビショビショだわ。」
 
「パンツをはきかえなくちゃ。」
 
そう言うと、さやかは替えのパンツと戦闘服を持ち、シャワールームへと向かった。
 
シャワーを浴びたさやかが、更衣室の鏡の前で髪の毛を整えている。
 
5227
 
「これでよし。」
 
そう言うと、さやかは、更衣室に持ってきた純白のショーツを取り出した。
 
「あら?戦闘服のパンツじゃないわ、普通のと間違えて持ってきちゃった。」
 
「でも今日は、戦闘じゃないから、これでもいいわね。」
 
さやかは、綿できた普通の女性用ショーツをはくと、戦闘服に着替えダイアナンAの格納庫へと向かった。
 
「ようし、今度こそスカーレットモビルで特訓開始!」
 
さやかは、 戦闘服のミニスカートを翻し、スカーレットモビルに飛び乗ると
勢いよく光子力研究所から飛び出して行った!
 
その2へつづく・・・・・
 
ーーー
 
【次回予告】
 
スカーレットモビルの特訓に余念がないさやかであったが、凶悪暴走族に目を付けられてまう。
 
次回更新は、12月16日(金)未明 とします。(年末は、忙しいので予定変更しました。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年12月 2日 (金)

ダイアナンA編!第2話:サーキット族・悪魔のパーティー(プロローグ)

ダイアナンA編!第2話:「サーキット族・悪魔のパーティー」の巻:プロローグ


020000

地獄城の指令室にブロッケン伯爵が、ドクターヘルに呼ばれていた。

「これを見よ、ブロッケン伯爵。」
「これは、わしが、ある秘密のルートで入手した、新ロボット・ダイアナンAの内部構造の図面じゃ。」

11

「これが、アフロダイAに代わる新ロボット・ダイアナンAか。」
「光子力研究所の連中が造るロボットなど、どうぜ雑魚ロボットに違いない。」

「確かに、ブロッケン伯爵の言う通り、ダイアナンAが雑魚ロボットであることに間違いはない。」
「じゃが、無駄な損害をださないため説明は聞いておくのじゃ。」

「では、順番に説明してゆくぞ。」

①スカーレットモビル・・・ダイアナンA操縦用バイク。
               超小型光子力エンジンで動く戦闘用の大型バイクじゃ。                                                          

②スカーレットビーム・・・いままでのアフロダイAには無かったビーム兵器を搭載しておる。
               ただしスカーレットモビルの超小型光子力エンジンのエネルギーを使用するので
                                 基本的には、対鉄仮面・鉄十字用の兵器じゃ。
               最新の機械獣や、ゴーゴン大公の妖機械獣を破壊するほどの威力は無いので
               警戒しなければならんような兵器ではない。
               
③光子力エンジン・・・・ミサイル収納スペースが作れるほどに小型化しておるが、
              出力はアフロダイAと同じじゃ。 

④エネルギータンク

⑤ダイアナンミサイル・・・アフロダイミサイルと同じミサイルを、左右各2発づつ、合計4発内蔵しておる。
                                  ミサイル自爆させるチャンスが増えなた。
                
                
⑥小型光子力エンジン・・・ダイアナンAの両腕、両足には、独立した小型光子力エンジンがついている。
                 これにより腕力と脚力は、アフロダイAと比べてアップしたようじゃ。
                 

⑦ボディーバランサー・・・アフロダイ同様に、ここを破壊すれば、ダイアナンAは動けなくなるぞ。

「あしゅら男爵は、ダイアナンAのことをアフロダイAのボディーに、新しい頭部を乗せ換えた
 だけのロボットと言っておったが、あながち間違えでもなさそうじゃ。」
「よしブロッケン伯爵、ゴーゴン大公のもとから機械獣をかりてまいれ!」
「光子力研究所を攻略するのじゃ。」
「やつらの新戦力・ダイアナンAは、それほどの脅威ではない!」

「ははっ!」

ブロッケン伯爵が、ゴーゴン大公から妖機械獣ドラゴΩ1を借り受け、光子力研究所へ向けて出撃しようとしている、

その頃、光子力研究所では・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私訳マジンガーZ「衝撃ダイアナンA編!」 第2話:その1 へつづく・・

次回更新は、12月9日(金)、いよいよ本編のスタートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(注)ダイアナンAの図面は、設定資料を改良したものを使っていますが、ここでの説明は、
   私訳マジンガーZ「衝撃ダイアナンA編!」の内容です。
   TV版とは、まったく関係ありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »