フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 第22話:「耐Gスーツ!」の巻:(その1) | トップページ | 第22話:「耐Gスーツ!」の巻:(その3) »

2020年11月 7日 (土)

第22話:「耐Gスーツ!」の巻:(その2)

アフロダイAが富士山の中腹まで登ってきた。
そこは、富士山の麓にある演習場を見下ろせる場所でもある。
演習場には、三博士とボスボロットが待機していて、さやかとは無線でやり取りをしている。

さやか「博士、予定の場所まで登って来たました。」

ボス「さやか、今日は、アフロダイAが空を飛ぶための訓練なんだってな。」
   「俺たちも、協力するぜ。」

さやか「ありがとうボス。」    

せわし「お嬢さん、今日のテストは、修理したてのアフロダイAのテストもじゃが
     お嬢さん専用の耐Gスーツの性能テスト兼ねておる。」
    「いつものテストより、動きが激しいから十分注意してやるんじゃぞ。」

さやか「わかっているわ。」

せわし「よし、今日のテストメニューの確認じゃが、まず  ”アフロダイ・パワー”  を発動させ
     そこから一気に山を駆け降りるんじゃ。」
    「そして、この演習場にある着地点めがけて、 "
アフロダイ・ジャンプ”   
    「空中で、前方屈伸宙返りを決めて着地じゃ。」
    「わざわざ、空中で前方屈伸宙返りをするのは、アフロダイAが空を飛ぶようになった時に備えて
      空中での姿勢制御の訓練も兼ねておるからじゃ。」 

さやか「了解しました!」
         「
あら?」

テストを開始しようとしたその時、さやかは、富士山上空を飛行するマジンガーZの姿を目撃した。

1-20201105-135

さやか「甲児くん、どこへ行くの?」

甲児「さやかさん、魔の三角地帯といわれる海域で、海難事故が多発しているんだ。」
   「ドクターヘルの仕業かもしれないから、ちょっと調査してくる。」
   「
さやかさんは、アフロダイAのテスト、頑張るんだぞ。」

さやか「ありがとう甲児くん、あたし頑張る!」
    「甲児くんも、頑張てねーっ。」

飛行してゆくマジンガーZに、アフロダイAの操縦席から手を振るさやか。

さやか「はやくアフロダイAも、空を飛べるようにならないかしら。」

せわし「今日は、そうなるためのテストじゃよ。」
    「お嬢さん、準備はいいかね。」

さやか「準備はOK、それじゃあ、いくわよ!」
    「アフロダイ・パワー!」

さやかは、 ”アフロダイ・パワー” の掛け声と同時に、操縦席で、ギアを入れ替えると
アクセルを踏み込んだ!

富士山を一気に駆け降りるアフロダイA。

さやか「アフロダイ・ジャーンプ!」

Photo_20201103005901

1-20201103-101

さやかは、アフロダイAを大ジャンプさせると、空中で前方屈伸宙返りを決め、
演習場内にある目標地点に着地した。

ボス「うわっ!さやか、かっこいーっ!」 

着地に成功したアフロダイ Aのもとへ、ボスボロットが駆け寄ってきた。

さやか「さすがは三博士、アフロダイAの修理は完璧だわ!」

せわし「やりましたな、お嬢さん。」
    「ところで、耐Gスーツの効果はどうでしたかな?」

さやか「ちょっとよく分からなかったわ。」
    「でも、耐GスーツのテストだったらアフロダイAでやるより、
      研究所のVTOLで試した方が効果があるんじゃないかしら。」

せわし「VTOLか・・それもそうじゃの、わははは・・」
    「それじゃあ気を取り直して、VTOLで戦闘服の性能テストといこう。」
    「お嬢さん、まだやれますかな。」

さやか「もちろんよ!」
    「今から、研究所へ戻ります。」

ボス「よし、それじゃ俺たちも付き合うわよ。」

その時、光子力研究所の弓教授から緊急連絡が入った。

第22話(その3)へつづく・・・

次回更新は、11月14日(土)です。

« 第22話:「耐Gスーツ!」の巻:(その1) | トップページ | 第22話:「耐Gスーツ!」の巻:(その3) »

(3)衝撃A(エース)編 NewStage!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第22話:「耐Gスーツ!」の巻:(その1) | トップページ | 第22話:「耐Gスーツ!」の巻:(その3) »